6.21 (Fri)「音と海の間で」vol.2 〜夏至の音楽会〜


「音と海の間で」vol.2

〜夏至の音楽会〜

2019.6.21 (Fri.)

18:00open18:30start

出演:岩本象一(gamelan)

コイケ龍一(mbira,kalimba)

料金:Order+ハートマネー(投げ銭制)

場所:belk 岡山県倉敷市児島唐琴町7

長い昼がおわり

瀬戸内海に帳が垂れる頃

王子が岳のうえで

アフリカとジャワの音が邂逅します。

闇夜に浮かぶ

キャンドルの淡い灯し火と共に

漆黒の沈黙を穿つ

ムビラとガムランの響きは

香の如く立ち昇ってゆき

そして

わたしたちに

降り注ぐでしょう。

予約・お問い合わせ:090-6702-9898(コイケ)

email:mb2xj8@bma.biglobe.ne.jp

出演:岩本 象一1981年神戸生まれ。

様々なグループやユニットで即興を主軸にドラムや打楽器、ガムランなどを演奏している岡山在住の音楽家。

2005年-2008年 インドネシア政府奨学生としてインドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校(ISI Yogyakarta)に留学し伝統音楽や伝統舞踊を学ぶ。

帰国後岡山でジャワガムラン教室を開く一方 様々な教育機関でワークショップや公演を行っている。

コイケ龍一

1971年東京生まれ。

20才の頃、太鼓に目覚め、アフリカへ太鼓修行に行く。

タンザニアのリンバ(親指ピアノ)に出会い、フクウェ・ザウォセ氏に習う。

帰国後、日本でアフリカ文化紹介の活動として全国でコンサートを行う。

29歳ジンバブウェに行き、ムビラ(親指ピアノ)をエファット・ムジュル氏に習う。

現在、岡山在住。演奏活動と平行してカリンバ制作にも取り組んでいる。